発泡ウレタンの製品案内 発泡ウレタンの使用手順 発泡ウレタンの固まり方 発泡ウレタンの選び方 発泡ウレタンの使いみち 発泡ウレタンの質問集
発泡ウレタンの実験検証 発泡ウレタンの仕様 発泡ウレタンの基本物性 発泡ウレタンのテクニック 発泡ウレタンの失敗理由 発泡ウレタンの取扱注意
発泡ウレタンの法人取引 発泡ウレタンの注文方法 発泡ウレタンの支払方法 発泡ウレタンの納期 発泡ウレタンの発泡量 発泡ウレタンの卸売り
発泡ウレタンの標準価格 発泡ウレタンの販売ページ 発泡ウレタンの注文用紙 発泡ウレタンのサポート 発泡ウレタンの相談受付 発泡ウレタンの会社紹介

発泡ウレタンの運営方針 | 発泡ウレタン(ウレタンフォーム)専門店


このサイトは、発泡ウレタンのスプレー缶製品のメリットやデメリットをマニアに追求しながら、発泡ウレタンスプレーの販売取り扱いに特化している発泡ウレタン専門会社として、エアゾール缶タイプの発泡ウレタンであるエアータイトフォームと関連商品を中心に、全国のお客様に発泡ウレタンスプレー缶を使った造形や断熱などの用途をご提案しております。私たちが営業活動しているスプレー缶式発泡ウレタンの市場とは、大変ニッチな分野ですが、工作や造形、日曜大工などDIYでの使いみち、業務用では断熱や保温、補強、気密工事での活用などと、個人用や業務用での活用法を問わずに多目的で幅広い用途に対応していることからも、お客様に安心して商品を使い終えていただくためにフォローアップは欠かせません。正直、発泡するといっ癖があるため、商品を買って使用するだけで誰でも簡単に成功するという商材ではなく、お客様に個々の目的を聞いたり、発泡ウレタンスプレーの使途確認はとても専門的です。発泡ウレタンスプレー缶は専門商品ですが、一人でも多くのお客様が発泡ウレタンの専門家に直接相談しながら商品を購入して頂けるよう、エアータイト社では取り扱い商材を発泡ウレタンスプレー缶をメインとし、あれもこれも種類を取り扱わず、量より質の営業スタイルを大事に、且つ、大掛かりな工事用ではなく個人でも仕事でも活用しやすいスプレー缶でエアゾール式の発泡ウレタンスプレー製品に特化し、その扱いを得意としています。日本で随一、発泡ウレタンスプレー缶の専業会社として、お客様には自社発売商品であるエアータイトフォームを中心にご紹介し、発泡ウレタンスプレー缶製品の総合サポートを行っております。


エアータイト通販事業部の発泡ウレタン専門サイトをご覧いただきありがとうございます。当店は発泡ウレタンのスプレー缶という製品を専門に取り扱っている日本企業では珍しい会社です。発泡ウレタンスプレーの専門家として推奨する商品、エアータイトフォームと厳選の関連商品をお客様へ低価格による乱売ではなく、全国各地の本物志向であるお客様に対して発泡ウレタンスプレー缶を販売提供させていただきたいと考えています。省エネ、気密断熱、造形など、エアータイトフォームを活用した施工技術をメールや電話にてダイレクトにご提案し、商品は1本単位からの販売提供を通じて、お客様の用途相談もワンツーワンで応対できる、発泡ウレタンスプレーに完全特化した専門の会社です。

私たちの自慢は設立以来、本当に良い取引先様に恵まれてきたことですが、もちろん、発泡ウレタンスプレー缶という製品自体、一般のお客様にとって決して身近な材料ではないことと思います。また、発泡ウレタンスプレーは専門商品ですので、専門家によるサポートを受けながら商品を購入していただくことが何より安心なことですが、残念なことに他社市販品ではその販売員自体が発泡ウレタンスプレーについて詳しく知らないといったケースが大半となっています。

さて、この世の中の商品はまさに売り方は様々です。ネットを通じたり、商社や販社を経由したり、低価格にしないと売れない会社や商品、低価格路線ではなく商品の品質や応対品質の向上を追及する会社、これらの姿勢は企業やお店でも様々です。

ただ、誰にでも簡単に使えるような商材ならば、ネット通販で買う、右から左に商品を流すだけの商社や販売店から買う、こういった買い方、こういった売り方の商売でも通用するかも知れません。もちろん、ホームセンターでの陳列販売などで商品を並べているだけで売れる、顧客サポートなしでも商材を販売して良いのかも知れません。カタログ販売のように、商品の仕様と値段と納期だけで、売って、はい、おしまい、という売り方でも構わないことでしょう。価格勝負、激安販売というような、やや乱暴な売り方でも数を売りさばいてしまえば利益が出るという考えも良しでしょう。

しかし、私たちが知る限り、発泡ウレタンスプレーという製品には癖がありますので、そういった売り方を続けてしまうと、これから使おうとしている方など多くのお客様が発泡ウレタンの施工を失敗してしまう確率が高くなってしまいます。泡の出し方、吐出方式の選び方、こういったアドバイスも必要ですので、発泡ウレタンスプレー缶という商材はお客様に商品を売って、はい終わり、では通用しません。競合他社では、単に低価格を売りにしたもの、価格競争だけの商社や問屋や販売店なども見受けられますが、発泡ウレタンスプレー缶の専門家の一人として、そういった伝言ゲームのような販売手法や技術フォロー体制には疑問を持っております。

発泡ウレタンスプレー缶の市販品を売る業者は、その多くが専門的なことを殆ど知らずに発泡ウレタンスプレーを販売しています。悪質なケースとしては当社製品の技術情報を見よう見まねで売っていたり、文献や説明文をコピーして類似品を販売するような業者も一部で見受けられますが、実際、発泡ウレタンの活用法やテクニックを必要とするお客様が意外に多いのが実態で、他社市販品を販売する業者に商品の詳しいことを聞いても、きちんとした説明を受けられず、ビフォアサポートを受けることも、ほぼできないことでしょう。多くが、カタログに書いてあるようなスペックとか価格のことしか教えてくれないというレベルです。

エアータイト社は昔から売られてきた類似品メーカー販売者の説明不備を着眼大局として捉えております。もちろん、すべての類似品メーカーの販売姿勢が悪いというわけではありませんが、当然に、発泡ウレタンという材料は化学製品ですので各社の品物にも上位クラスがあり、やはり、世界でも上位モデルのものは良い商品です。エアータイト社では2001年の設立以来の営業方針として、廉価版を激安で多量に売りさばくような営業はしておりません。発泡ウレタン発泡体の品質、操作や作業性を大切に考えながら、お付き合いいただけるお客様とはワンツーワンで用途や使い方までフォローアップする姿勢を最優先するように努めております。

当社は小さな会社ですが発泡ウレタンスプレーの専門店としてビジネスモデルと整え、得意としている発泡ウレタンスプレー缶に関する素晴らしさやメリット、製品の弱みや弱点を知り尽くし、利便性となる情報をオープンに全国のお客様へ情報発信したいと考えております。

発泡ウレタンスプレー缶という製品はとてもマニアックな材料で、そして癖のある製品です。実験や実施工でも自分自身が汚れることも多々あり、これは意外にうまくいったという施工や実験の経験もあります。多目的に活用される発泡ウレタンだからこそ、お客様側の立場を考え、専門家に相談しながら買えるといった仕組みを構築し、エアータイト社ではこれを基本スタイルとして営業活動を続けてきました。

公式ホームページでも解説している通り、エアータイト社では発泡ウレタンの専門店として発泡ウレタンの種類の中でも、形を自分で作ることができるタイプのスプレー缶になった発泡ウレタンの取り扱いに長年特化してまいりました。小さいながらも専門企業として商材をあれもこれも取り扱わず、自社ブランド製品であるエアータイトフォームの改良、新製品開発を海外の生産技術パートナー企業と共に普及啓発する活動を一緒に取り組み、全国販売実績で北海道から沖縄まで日本全国のお客様に商品を供給させていただき、且つ、企業や個人を問わずにワンツーワンで発泡施工の技術サポートをダイレクトに行っております。

専門店であるエアータイトに寄せられる発泡ウレタン製品のニーズとは価格や納期など注文に関することだけではありません。こういったレベルのことなら他メーカー品を取り扱う商社や問屋でもフォローできる内容だと考えます。当社が得意とすることは、まさに、発泡ウレタンスプレー製品に関する豊富な知見経験による販売手法です。発泡ウレタンスプレー缶を使った工法などお客様の開発製品に関する技術相談、女性や男性のお客様も問わず、ユーザー層の年齢も問わず、不慣れな初心者からプロ業者のお客様まで、製品を使用した発泡成功をフォローする販売体制を大事にしたいと考えます。

また、エアータイト社ではお客様との共同実験や技術提携による関係つながりを大切にしており、最安値での競争や商売のスピードよりも、発泡ウレタンスプレー缶商品の供給を通じ、丁寧な販売や親切な応対、背伸びしないといった関係性を優先したいと常に考えています。できることはできる、できないことはできない、といったことを対等に平等に明確にしたいと考えてきました。

更に、発泡ウレタンスプレー缶の歴史は環境問題とも切り離すことができません。所謂、オゾン層破壊の懸念、温暖化係数の懸念が商品が、昔から販売してきた業者によって供給が続けられました。エアータイト社ではノンフロン品と言われるフロンガスを使用しない発泡ウレタンスプレー缶のエアータイトフォームを2001年に発売開始して以来、以前から培ってきた製品知識、当社独自のビジネスモデルを構築して、お客様が計画する用途への発泡施工技術をフォローすることに徹してきました。

お客様への技術サポートの応対を繰り返して、知見経験を積み重ね、日本全国のお客様の営業担当として責任を持ちながら、自社商品の販売、自社サービスの良さをご提案したいと考えています。もちろん、一回しか使用しないようなお客様も、お仕事で継続的に発泡ウレタンスプレー缶が必要となるお客様も、継続や新規を問わずに、お取引を歓迎しております。

発泡ウレタンスプレーの質問や問い合わせに関しては、同業他社のスタッフでは不可能なこと、市販品では難しいと言われている使いみち、こういった内容でもエアータイトの応対サービスとエアータイトの製品ならば割と簡単にできるといったことも今までの業務上で珍しいことではありません。もちろん、できること、できないこともありますが、発泡ウレタンスプレー缶を購入される前の不安なことは、些細なことでも当社までご相談ください。

エアータイト社は発泡ウレタンの専門店です。エアータイト社の製品を選んで採用していただくことで、お客様には発泡ウレタンのメリットや基本技術の魅力を体感や実感をしていただき、共に、私たちも発泡ウレタンのユニークな使途や隠れざる癖を一つでも多く学び続けたいと考えています。法人ですので、商品は毎日たくさん売れることも嬉しいことですが、発泡ウレタンの用途に関する問い合わせ内容の複雑さが当社成長の大切な栄養源となってきました。全世界を探しても非常に数少ない発泡ウレタンスプレー缶に特化してきた専門家の一人としても、商品自体のケミカル的な改良、物理的な専用器具の開発、人による工夫アドバイスのテーマもまだまだ抱えています。マニアックですが、発泡ウレタンスプレー缶だけを常日頃から考えている当社は日本中でも世界中でも珍しい会社だと言えることでしょう。

当社は発泡ウレタンスプレー缶であるエアータイトフォームの発売元として、直売まで統合したSPA業態を採用し、様々な分野に自社製品の普及啓発、営業活動を行っております。販売量を重視した従来の代理店ルート販売セールスだけではなく、発泡ウレタンの販売に見合う独自のビジネスモデルと販売チャネルを構築し、インターネット通販では業界の先駆けとして2001年より直販サイトの運営、現在はアマゾン支店、ヤフーショッピング支店、楽天市場支店でもメーカー直販で製品販売を行っております。

全国での通販実績を持つエアータイトフォームですが製品をご購入いただきましたお客様のクチコミと評価で人気を得てきました。私たちは発泡ウレタン製品の特質を理解しており、ホームセンターなど、どうしても販売サポートが疎かになるような販売手段では製品を提供しておりません。このことからもエアータイトフォームは、知る人ぞ知る、本物志向ユーザー向けの発泡ウレタンスプレーのハイブランド商品となりました。

エアータイトフォームが発売開始される以前より、世界各国の発泡ウレタンスプレー缶について学んで参りましたが、商品の取り扱いに完全特化している経験を持つ専門家の立場としては、お客様に当社の発泡ウレタンお使いになる前、いくつか説明をしておきたいことがございます。こういったことからホームページで詳細を解説しております。

私たちは、お客様に安心して商品をお買い求めいただくことだけでなく、お客様に安心して商品を正しく使い終えていただきたいと考えています。エアータイト社ではお客様に商品の魅力と、当社が知りうるメリット、当社が知りうるデメリットを用途に合わせて細かくご案内させていただくことを重要視しております。他社品のような真似事での販売を一切せず、他社とは価格競争も致しません。ありがちなインターネット通販業者のような、あれもこれもカタログ販売の物売りはせずに、お客様をフォローアップできるように販売者としてきちんと製品を理解したうえで、解説をし、硬質ウレタンフォームの素晴らしさ、便利な使用方法や、発泡ウレタンの癖や失敗経験、施工技術のノウハウをご提案したいと考えます。

エアータイトではシンプルにお客様が必要な時に欲しい数量を提供できるような販売スタイルを目指しています。1本でもスピーディーに、電子メール、電話、ファックスでも受注応対しています。エアータイト社では北海道から沖縄まで全国エリアのお客様を問わず、寄せられる質問の応対、注文品の出荷デリバリー、全ての諸業務を一貫して活動しています。

発泡ウレタンのスプレー缶という材料はそもそも知る人ぞ知る製品です。大変マニアックな商品ではあるものの、エアータイトフォームの発売開始以来、毎月コンスタントに購入いただいている地方の取引先様もいらっしゃいます。決して当たり前のことではないと認識しており、ブレずに、お客様のことを深く感謝申し上げ、日々、業務を続けさせていただいております。発泡ウレタンといえばエアータイトがいい、と御贔屓いただいている取引先様をはじめ、お客様へご依頼品を配達して頂いている運送会社ドライバーの方々、出荷デリバリー管理をしていただいている倉庫スタッフの方々のご協力に感謝し、仕事やDIYや趣味でエアータイトフォームを使っていただいているお客様、工事店様、施工店様、販売店様、一人一人に感謝を込めて、商品開発や新たな発泡実験の研究も続けております。

量より質、時間軸を考える経営の成長は時間が掛かりますが、当社とお付き合いいただけるお客様と共に自分流発泡というキャッチフレーズで信念を守り、格好や会社規模を気にせずに、人として親切であることと温かみのある取引関係をニュートラルとさせていただきたいと願います。

最上位の発泡ウレタンスプレー缶であるエアータイトフォームをお試しいただき、発泡ウレタン施工における技術の可能性を一つでも見つけていただければと思います。





発泡ウレタンスプレー缶製品の商品開発、実験検証、こういった専門の仕事を通じ、恰好を気にせず、好きなことだけをする。初心を大切に捉え、常にニュートラルに戻せる営業手法で独自のビジネスモデルを構築。王道ではなく、自己流の感覚を大切にしながら行動する一人のマニアとしてもエアゾール缶式の発泡ウレタンスプレーのことについて、自分自身が知っていること、経験したこと、学んできたことを全国のお客様にお話しすることができます。相談や問い合わせは「ちょっと聞いてみよう」というレベルで十分です。

発泡ウレタンスプレー缶は様々な材料の中でも類のない特徴を持ったユニークな発泡製品です。自分で自由な形に発泡できるからこそ様々な用途があるわけですが、固まった発泡体の基本特性、作業性、施工性に魅力を感じるお客様はエアータイト社に質問をしてみてください。市販品を使ってしまい実験したものの、うまくいかなかったのでエアータイトフォームを使用して相談したいという要望も歓迎です。エアータイト社は商品の供給販売だけでなく、個人向けの販売や共同開発支援のサポートにもチカラを入れてまいりました。

一人でも多くのお客様に発泡ウレタンスプレー缶の存在や意識を高めていただけるよう、断熱などの従来用途だけでなく、エアータイト社では社内での発泡実験を随時行いながら、いろいろなことを試し、スプレー缶の発泡ウレタンを駆使しながら成功と失敗、発泡知識や独自の発泡技術ノウハウを積み重ねています。当社が思い描く発泡ウレタンスプレーの技術とは顕微鏡を覗くようなことではなく、まずは、自分自身で発泡させ、削ったり、肉付けしたり、こういったことの繰り返しが大切なノウハウであると考えています。

昔から販売されてきたような競合品の一部や、ここ最近に輸入販売されているようなものは残念ながらビフォアサポートが良くありません。価格ありきです。数量を多く購入される方には営業しますが、単品購入の方には売りっぱなしのメーカーや取扱店ばかりです。発泡ウレタンスプレー製品はニーズを問わず、性質的にアフターサポートではなく、ビフォアサポートが肝心です。ユーザー側では些細なことでも失敗したり、操作や施工を誤れば周囲が汚れることもあり得ます。

ホームセンターで販売されているような商品は手軽に売ることが目的なので、これに使える、あれにも使える、といったことを語ります。店員に聞いても具体的フォローはゼロです。カタログに書いてあることや口だけです。もちろん、発泡ウレタン商品の商流に関わらず、販売者が有名な会社だったり、ネームバリューがあるだけでも販売が進むのが世の中です。こういったことに疑問を持っておりますが、発泡ウレタンスプレーの専門家としてはこの業界が昔から疎かにしてきた製品ビフォアサポート不足、アフターフォロー不足の説明不備をエアータイトは着眼大局としており、エアータイトが製品解説を徹底する意義は経営や販売、通販店舗の運営方針でも重要なテーマと定めています。

簡素な表現では販売していないので、場合によっては説明が分かりにくい面もあります。サポートは個々に応対しておりますので質問はいつでも可能です。発泡ウレタンスプレーという材料は現場で発泡させて使う商品です。正しい使用手順、正しい施工方法で活用していただくことがとても肝心です。人によって簡単、人によっては難しい、と感じることでしょう。当然、仕上げるサイズや形状によっては荒密を生じさせたり、発泡過程での温度や湿度にも発泡影響を受けますので、現場発泡品には良さも悪さもあります。

このことからも発泡ウレタンという材料は、研究所や環境の整った実験室での結果や分析がほとんど役に立ちません。発泡ウレタンスプレー缶のメリット、発泡ウレタンのデメリットは机上の空論や顕微鏡での分析に頼らず、用途ごとに自分の手に取った発泡実験による検証が大切だと私たちは考えます。簡易に様々な実験を繰り返しておりますが、発泡ウレタンスプレー缶の専門家として勉強を続けていることは、お客様に対し、発泡技術を自身で特許化することではなく、単一の工法化による商売でもありません。発泡ウレタンスプレー製品を施工できる用途の可能性を柔軟に追求するための試みです。知見経験を活かせるよう、オープンに技術をエアータイト社では情報公開徹底する試みを続けております。この姿勢、こういった視点は他社のような物売り主体の営業姿勢と大きく異なることでしょう。

また、エアータイト社では発泡ウレタンの販売は断熱用途をメインとしては考えておりません。発泡ウレタンを使用した断熱の用途とは発泡ウレタンの一つの使いみちにしか過ぎません。お客様から寄せられる問い合わせの内容をベースとし、発泡技術が求められる新しい分野で発泡ウレタンスプレー缶の技術が通用するよう、発泡用途の検証、開発、技術提案を行い、そして、公共民間を問わずにサポートさせていただいております。

エアータイト社は海外の生産研究所と提携ネットワークを築き上げており、小規模運営ならではのメリットを少しでも活かせるように効率的に商品を皆様にご提案させていただいております。他社品のような廉価版を取り扱わず、2008年には発泡ウレタンスプレー缶専門の自社テクニカルセンターを設置し、自社製品の発泡施工研究による検証と確証、新商品のテストを繰り返し、市場で必要とされるべき技術を持たせた発泡製品の市場導入に力を入れております。

発泡ウレタンはマニアックな製品ですので、なぜ、こんな発泡実験をしているのかと疑問を持ちながら用途研究や確証を続けていることも多々あります。実験はお客様の疑問を解決するため、いつの日か役立つと考えています。当社は他社のような真似する行為を嫌いますので、何事も自分の経験こそが大事であり、失敗と成功が私たちのお客様に対してサポート上、役立つ時期がくると捉えており、その活動を続けています。

発泡ウレタンスプレー缶とは奥が深い材料です。もちろん、できあがった発泡ウレタンに色を塗ったり、発泡体に圧力を掛けてみたり、いろいろな計測をしたり、発泡造形で使ったりなど、一つ一つの技術を大切にしながら、ニュートラルに発泡ウレタンを学び続けています。





世界の発泡ウレタンスプレー缶に興味を持ち続けてきました。最安値や激安というような販売提案をせず、当社のお客様には技術サポートや品質を優先する試みで、発泡ウレタンスプレー缶の発売元としてSPA業態にて直売統合を導入しております。私たちは発泡ウレタンの専門会社です。市場動向や価格動向についても大体を網羅しておりますが、それでも「そんな用途もあるんだ」「こういった会社様もあるんだ」「そんなことを研究しているお客様がいるんだ」と新規のお問い合わせを通じ、様々に関心をしております。発泡ウレタンが使える用途も、使いにくい用途もあります。先入観だけで用途を決めません。全国に拡がるリピーターのお客様にエアータイト社は支えられています。

当店は発泡ウレタン以外にあれもこれも商材を抱えないため、技術フォローまで一貫して人任せにせず責任をもって技術応対いたします。できるだけお客様とともに自身でも発泡ウレタンの作業性や施工性をいろいろと試し続けておりますが、恐らく、日本の誰よりも発泡ウレタンスプレー缶のことを追及している会社と言えます。商品を販売する利益で会社は成り立ちますが、自分たちが提供している販売製品の隠れざる癖を学び、クレームのゼロ化、これを極めることで机上の論や学問や学術的な提案をせずに、エアータイトは発泡技術の工夫をお客様の身近に落とし込める提案に絞り込める実証や追及、商品開発を続けております。

当社は大企業ではありません。小さな会社だからこそ幾つかの強みもあり、できることとできないことも認識しやすく、頑張れることの限界、業界での役割、競合ポジショニングも明確になってきます。エアータイトの営業手法は意外にドライだと思われることが多々あります。商品を買ってくださいという営業は行わないからです。良い商品なので商品を買ってほしいと思うことはもちろんですが、面子や恰好、お客様の企業規模や公共民間を問わず、得意なこと、不得意な点のカバー、信頼しあえるパートナーシップの精神が大切であると考えています。

販売する価格が高いとか、他よりも価格を安くする、というような目先の営業成果を求める売り込みは好みません。単品など1本のご注文であっても、当社の考えや、当社が提供できるサービスを期待して頂ける方との友好関係を求めながら、それを企業理念の一つとし、共に人としての我儘や自分流という姿勢を無理なく守り続けていきたいと考えております。

歴史や古き良き時代は想像以上にとても大事です。発泡ウレタンの技術を未来に引き継ぐためにも、発泡ウレタンスプレー缶を用いた省エネ施工技術の普及啓発活動をクリエイトさせることが役目であるとも考えています。夜遅くまで仕事をするといった努力型の企業ではありませんが、専門商品を取り扱う専門会社ですので、注力し、会社の格好や会社の規模をアピールのではなく、可能なこととできることだけをしっかりと行えることを目指した事業運営をニュートラルの方針としております。

業績や企業規模の拡大を目指すことや信頼の積み重ねも大切なことです。起業後、物や会社にも成長期や停滞期がありますが、当店は小さな会社ですので背伸びせずが基本です。会社が一歩でも成長する過程で、得意なことや苦手なことを常に明確に理解しておく必要があります。失敗もあります。このことからも学歴や企業規模で自分の強さを語る人は好みません。群れる人、常識論で諦める人、机上の数字などの成績データで物事を強く考える人も苦手な傾向です。一人では行動できない談合的な人、そして、同業者の様に人のモデルを真似したり、人のフンドシが平気な会社のスタッフなどは好むことはありません。単純であり、できないことはできません、できることはしっかりとできるようになる、好きなことは好き、嫌いなことは嫌いと言えることを大切に考えております。

ニッチな分野での発泡ウレタンスプレー缶を取り扱う数少ない専門家の一人である以上、製品を用いた発泡研究を優先する活動の必要性が高く、目先の営利や販売成果を後回しにしてでも、エアータイト社で今できること、自分たちの役割、自分たちの責任の範囲をキッチリと築き、積み重ねたいと考えています。人として親切に温かく、柔軟に付き合える信頼関係、ニュートラルに戻せる企業思想の体制を守りたいと考えており、自分自身が好きで、簡単に楽にできることだけでもしっかりと勉強し続けられるという環境が、まさに小さな会社としても大事なことだと感じます。





エアータイト社はスプレー缶式発泡ウレタンだけを取り扱う専門の会社です。と言いましても、発泡ウレタンスプレー缶の用途はお客様が想像されている以上に広い目的で使われている製品ですので、日々の業務はなかなかの多忙さです。発泡ウレタンの専門家として、個人のお客様から法人のお客様までの用途サポートを一手に多分野に応対させていただくため、当社では販売セールスの宣伝広告や展示会への参加はしておりません。

発泡ウレタンというマニアックな商品の専門会社ですので、他社のような部門やや部課でやるような真似事のビジネスモデルでは仕事にはなりません。小さな会社ですので我が国における目先の景気対策や特需に左右されず、お客様一人ひとりの要望に沿って技術的なフォローを行い、適正価格を細かく分析して、クレームのゼロ化を徹底した商品販売を試みる必要があります。流通経路の簡素化は常に目指したいと考えます。

製品を使用していただくエンドユーザーの方々に対し、無駄な流通コストなく自社製品を安定提供できるよう、エアータイト社では独自の販売ネットワークを築き、発泡施工技術の蓄積によるスムーズなビフォアサポート、高効率な業務によって会社運営の基盤を安定させ、はじめてお客様から適切な利益を商品販売により頂くことができるビジネスです。

エアータイト社では他社品の売り子の営業スタッフみたいな他品を見たり聞いたり真似しただけの応対をしません。カタログに書いてあることだけを説明するような他社品の営業マンとも異なります。もっとこうしたら売れるんだろう、もっとこうしたら利益が上がるんだろう、このようなことを考えさせられることも多々ありますが、日本でも数少ないスプレー缶式の発泡ウレタンを取り扱う随一の専門家として、全国のお客様からの問い合わせ応対を続けながら、製品供給を通じた用途の勉強を続けることで、発泡テクニックや知見経験の蓄積を目指しています。

お客様からの質問は些細な疑問の情報こそ、お客様にアドバイスさせていただく上で大きなヒントにつながることも多く、気兼ねなく、恥ずかしがらずに何でも聞いてみてください。既に30年近く、発泡ウレタンスプレー製品のサポートを続けさせていただいておりますと、売り手側の説明不備、お客様側の勘違い、ちょっとした些細なことでも施工が上手くいかない、という実例もありました。残念なことですが、発泡ウレタンという材料はパーフェクトな素材ではないので、当社の製品を用いたとしても必ず計画が成功するとは限りません。

しかしながら、残念なことに競合他社の否定となってしまいますが、他社品の場合は、単なる営業マンが「発泡ウレタンは簡単」などと偽ってエンドユーザーに売られているようなケースが殆どです。これには問題があります。発泡ウレタンのスプレー缶という材料は一見簡単そうに見えますが、当社のホームページでも徹底解説しているとおり、使用方法と施工手順を学ぶ必要があったり、発泡という大変に癖のある材料でもあります。

全てのお客様が真剣に技術を奥深く学ぶ必要はございませんが、きちんとした施工をマスターするために学ぶことは、化学式や机上の論、教授の論、能書きよりも、実際に自分自身で触ってみることが重要であり、「工夫」こそが近道になります。発泡ウレタンの作業は、失敗や経験がものを言うことが本当に多いです。使途ごとで泡を出す操作方法のマスター、手順、お客様自身の工夫をフィットさせることが、成功の鍵となります。





エアータイト社の販売方法は他社とは少し異なります。私たちは技術系や開発系のお客様への提案を強化しており、エアータイトフォームを活用した共同実験や技術提携も受付しています。発泡施工での操作や工法、発泡実験、検証や確証を繰り返すことで、様々な用途のお客様に対して柔軟に適切に、そして親切に提案を行えるかどうかの追求がビジネスのポイントになっております。正直、他社よりも価格が高いとか、他よりも価格が安いとか、そういったレベルの物売りは嫌いです。お客様がきちんと施工できる商品構成、お客様の実情や事情の把握、付加価値の確認、差別化など過剰スペックの淘汰、安定感ある発泡ウレタンスプレー缶の標準化をエアータイトフォームは目指します。

ご存知のお客様も多いと思いますが、過去、古くから販売されていた類似品のスプレー缶式発泡ウレタンなどは廉価版としての価格競争が目立ちます。同等品の中には生産工場は同じだけどラベルが違うだけというようなものも見受けられます。市販品の殆どが営業マンによる技術サービスが今も昔も残念ながら未熟です。発泡ウレタンスプレーのプロが世の中に一人でもいるなら、私たちが求める技術や、私たちが悩める技術をフォローしていただきたいと思います。

技術のこととは異なり、商売上ではこだわりは邪魔となることもありますが、何事もパーフェクトである必要性はないと考えています。できることはできる、できないことはできない、といったことから開発はスタートします。説明が重複しますが、発泡ウレタンスプレー缶の技術応対は他社が行うレベルの真似事、見よう見まねでの伝言ゲーム、このようなことではうまく初心者のユーザーにコツを伝えることは絶対できません。

発泡ウレタンスプレー缶は千円前後の商品ですが、市販品を闇雲に使って失敗してしまうのは勿体ないことです。正しい使用手順、正しい施工方法、まずこの2点をきちんとマスターしていただければ、あとは、用途ごとでちょっとしたコツとヒントだけで成功します。他社品のクチコミでもわかる通り、他社品の失敗確率は結構高いです。

エアータイトフォームは、時代の最先端とも言えるような断熱材施工や断熱システムなど省エネ施工の普及に取り組んでいるような法人様や公共機関との接点も多い商品です。ただ、ここ近年はITの発展とともに一般個人のお客様が急増中で日曜大工やDIYでの活用も大変魅力的です。インターネット販売の普及によってエアゾール式発泡ウレタン製品の流通にも変化がでてきました。雑貨や家電などと同様で、発泡ウレタンスプレー缶のようなマニアックな商品であっても、全国地方を問わず、エンドユーザーが「自分にとって良いもの」「自分が気に入ったもの」「無理のない取引環境」で自由に選びながら購入できるようになりつつあります。

しかし、業者向けの場合には、販売網、商流や流通、発泡ウレタン業界でも売り手側では「このメーカー品にはこの商社」「その商社にはこの問屋」というような販売形態が既にできあがっています。大きな会社のお偉いさん同士が集まるようなNPO団体に協賛しながら媚を売る輸入品メーカーも存在したりなど、商売で請求伝票が通るだけで利益がでるような流通商社や問屋が儲かるような仕組みができあがっていることが多々あります。いわゆる、古い体質です。

私たちエアータイトでは複雑な商流、流通、古い仕来り、古い販売の仕組み全てを否定することはありません。ただし、スプレー缶式発泡ウレタン製品の場合、正しいサポートで販売するには、前もってユーザーサポートを必要とすることが多いため、やはり、右から左に流すだけで儲かるというような商材ではありません。現実的に、売れれば良いとして昔から販売されてきたレベルの競合品のボンベ式やエアゾール式の発泡ウレタンは、今でもユーザーの失敗クレームばかりが目立っています。

また、昔から売られてきた発泡ウレタンのメーカー品は、現在、世界的レベルで地球環境に良くないと言われるフロンガスが長年使われてきました。実は、そういったフロン品の発泡ウレタンは今でも建築物に施工されたままです。改修や発泡ウレタンのリフォーム時にフロンガス問題が懸念されることとなります。エアータイト社は設立時より2001年に業界ではタブーとされてきたフロンガス問題点をクローズアップし、昔から販売されてきた発泡ウレタンスプレーの隠れざるフロンガス問題をオープンにし、オゾン層破壊係数と地球温暖化系数への懸念も考えてきました。

ごく微量の話かもしれませんが、発泡ウレタンスプレー缶の業界も脱フロン化は急務である必要性を訴えるべく、エアータイトは我が国では初となるエアゾール式発泡ウレタンのノンフロン製品を発売開始するなど実践してきましたが、エアータイトのこういった活動も市場では浸透し、今日、発泡ウレタンスプレー缶のノンフロンは常識へと変わりました。ただ、ノンフロン化とは時代の流れ、通過点、単なる一つの対策と言えます。これからもやがて時代が変わり、ノンフロンだから良いということではなくなるでしょう。環境変化、時代変化に適した製品技術の最適化は常に必要なことです。

こういったことをセールスマンが疎かにしてきたのがスプレー缶の発泡ウレタン業界です。ニッチなテーマですが、エアータイト社は世界各国のエアゾール式発泡ウレタンの技術研究者とも連携しており、我が国の省エネ施工技術の発展に貢献、世界の発泡ウレタンスプレー缶に関する新技術の可能性、新技術の必要性を細かく見極めます。無意味な差別化、過剰スペックを避け、安定している必要な技術を加味した製品の商品化を躊躇せず、業界の常識や先入観も気にせずに、発泡ウレタンスプレー缶の業界リードし、日本市場に発泡ウレタンスプレー缶を普及させることが本ビジネスの成功であると考えています。





得意なことは発泡ウレタンスプレー缶のことです。公式サイト、公式直販サイト、特設サイト、当社では発泡ウレタンスプレーの缶タイプに関する情報を公開し、お客様を徹底サポートしています。もちろん、お客様に失敗しない発泡ウレタンの施工をしていただくためです。

メール相談は常時受付しています。実験作業や倉庫移動、梱包作業の業務で電話がつながりにくい場合には、ファックスか電子メールでご用件をお問い合わせください。販売に関する営業的な打ち合わせ、来店による技術説明、吐出デモ説明を希望されるお客様は、メールもしくは電話で日時をご予約ください。商品購入の場合、種類や数量によって引き渡し場所が店舗渡し、または、倉庫渡しで異なります。商品お引き取り希望のお客様は、事前に在庫状況と引き取り場所をご確認ください。

エアータイト社では当社製品を使用したお客様の試作物制作支援、共同での施工実験、お客様の用途評価、発泡ウレタンスプレー缶の用途に関係して、分解したり、組み立てたり、切ったり、削ったり、孔を空けたり、各種専用工具を整えて、簡易計測など色々なテーマで、独自の研究や業務を続けています。根本は、頭で考えるよりも触ることをベースにした実験研究と検証を続けており、発泡ウレタンスプレー缶の施工法確立など自社経験とデータ計測を続ける試みを続けています。

発泡ウレタンスプレー製品の販売お取引を通じて、地方問わず、ご縁あるお客様とご一緒に新しい発想やチャレンジ、共に得意な個性を発揮し合いたいと考えています。大きな会社ではありませんので、営利も大切なことではありますが、事業を通じた共存共苦、共存共栄、公明公正を大切にし、発泡ウレタン製品のメリットとデメリットを深く理解して、激安や最安値というような提案をすることなく、発泡ウレタンスプレー製品を使ってみようと考えていただけるお客様に対してきちんと良いものを買っていただける、良いものをきちんと使っていただけるよう、全力でサポートさせていただきます。





当店は発泡ウレタンスプレー缶製品を専門に取り扱う会社です。製品に関して質問など気軽に問い合わせください。


「一つ一つの卵からの発想」をデザイン化したコーポレートマークです。私たちエアータイトが発泡ウレタンスプレー缶製品の販売提供を通じて、お客様の新しい発想と共に、己の強みや個性を互いに発揮しあいたいという志を象徴しているものです。「自分流」を大切にし、少数精鋭、嫌いなことや好きなことを区分けし、背伸びせずに、恰好や企業規模を気にせず、できることから始めることをビジネスモデルのニュートラルとしております。私たちのサービスに興味していただけるお客様は、ぜひ、直接お会いして、発泡ウレタンスプレー談義の場を頂けるととても嬉しく思います。
メールサポート受付 営業統轄 関 義久
shop@airtight-trading.co.jp




発泡ウレタンの通販としては老舗の発泡ウレタン専門のエアータイト社。人気のエアータイトフォームは2001年に業界をリードして日本市場ではじめてのノンフロンの発泡ウレタンスプレー缶として発売開始され、今日に至ります。日本で随一、発泡ウレタンのスプレー缶を取り扱う専門家として商品を激安や最安値というような物売りや安売りをせずに、お客様にはできるだけ丁寧に自社製品を販売提供させていただきたいと考えています。エアータイトフォームを使用した試作品の製作などの簡易施工の依頼も承っております。技術提携、OEM商品化の相談、発泡ウレタンスプレー缶に興味のあるお客様はエアータイト社までご相談ください。

エアータイト社では通販部門でショッピングサイトを直営しながら商品を単品販売しています。エアータイト特販部では商用販売、ケース販売での卸売りをメインに業販を行っております。エアータイト社の通販事業部はエアータイトフォームの発売元として個人ユーザーまでの直売を統合するSPA業態を採用し、通販専門の販売形態を主軸としながら、北海道から沖縄までのお客様へ自社製品の提供と技術サポートをダイレクトに行っています。

主要販売分野は、エアータイト認定代理店、エリアパートナーズ店、化成品商社、化成品メーカー、金物メーカー、建材商社、建材問屋、ハウスメーカー、設計事務所、電力会社及び電気工事会社、小学校、中学校、大学、専門学校、断熱材メーカー、通信関連、鉄道関連、鉄鋼関連、防水資材関連、電材関連、管材関連、土木資材関連、地場住宅メーカー、電機関連、精密機器関連、玩具関連、住宅フランチャイズ、熱絶縁断熱工事業者、工務店、建設業者、セネコン、樹木医分野、研究機関、車両整備業者など全国一般個人のお客様まで全国約8,800社(者)との直接取引実績。

エアータイト社は発泡ウレタンスプレーの用途でお客様の裏方スタッフの立場になれるようなサポート役に徹して、専門家としてビジネスモデルを見極めながら、お客様に個々の適切な処理と助言、ビジネスを開拓しながら同業他社ではできないような柔軟な発想スタイルを持ち、商品の安定供給、持続的にスプレー缶式発泡ウレタンの普及啓発活動を行う事業の展開を目指しております。