発泡ウレタンの製品案内 発泡ウレタンの使用手順 発泡ウレタンの固まり方 発泡ウレタンの選び方 発泡ウレタンの使いみち 発泡ウレタンの質問集
発泡ウレタンの実験検証 発泡ウレタンの仕様 発泡ウレタンの基本物性 発泡ウレタンのテクニック 発泡ウレタンの失敗理由 発泡ウレタンの取扱注意
発泡ウレタンの法人取引 発泡ウレタンの注文方法 発泡ウレタンの支払方法 発泡ウレタンの納期 発泡ウレタンの発泡量 発泡ウレタンの卸売り
発泡ウレタンの標準価格 発泡ウレタンの販売ページ 発泡ウレタンの注文用紙 発泡ウレタンのサポート 発泡ウレタンの相談受付 発泡ウレタンの会社紹介

発泡ウレタンの仕様 | 発泡ウレタン(ウレタンフォーム)専門店


発泡ウレタンスプレーのエアータイトフォームには750ml缶の仕様と500ml缶の仕様のエアゾール型硬質ウレタンフォームがあります。色は全部で5色あります。エアータイト社の発泡ウレタンはプロフェッショナル用なのでホームセンターなどで陳列市販はしていません。なお、市販されているような類似品ではノズルタイプでしか使えなかったり、ガンタイプでしか使えないものがあるのでコスト的に高くつくので少し注意が必要です。使い捨ての流通品とは異なり、エアータイトフォームは缶に付属のストローノズルで使えるだけでなく、別売の専用吐出ガンを缶につないでも使えるようになっています。専用吐出ガンを接続すれば、ウレタンフォームを小分け的に、断続的に丁寧に施工できるようになります。使用するのが初めてというお客様は吐出の方式だけでなく、缶の大きさ、ノズルの形状などの仕様を前もって知っておくことが正しい製品選びと正しい施工結果につながります。もちろん、わからないことはお電話でもメールでもご相談ください。


発泡ウレタンスプレーの仕様は主に缶サイズの違いやノズル形状の違いとなります。発泡ウレタンは原料フォームの出し方の違いによって、施工用途や施工目的が異なる場合があるものの、基本的な用途は同じです。世界にはスタンダートモデルをイミテートしたものも幾つかありますが、基本的な物性の技術面はスタンダートモデルと大差がありません。どのようなモデルであっても、基本的に用途は断熱であったり、造形であったり、発泡接着による隙間充てんであったりなど、使途はほぼ一緒です。

エアータイトフォームのラインナップは、ウレタンフォームの本体、固まる前のウレタンフォームを分解洗浄する専用クリーナー、発泡作業性を向上させるウレタン専用吐出ガンをメインとして、その他にも特殊用途に対応する延長ノズルや細ノズル、修理部品の提供、専用吐出ガンの修理メンテナンス受付にも対応しています。販売メーカーとして製品を使用されるエンドユーザーのお客様までフォローアップしています。

また、ウレタンフォーム本体とウレタン用洗浄液は噴射ガスで加圧されたエアゾールのスプレー製品です。従って、実際に使用するときは電気や乾電池やコンプレッサーなどの動力源は必要としません。施工したい場所にエアータイトフォームを持ち込んで簡素に使用開始することができますが、失敗なく丁寧な施工をするため、操作方法は重要な事項となりますので、缶ラベル説明書はよくお読みの上でお使いください。見よう見まねで施工すると上手くいかないこともありますのでご注意ください。

エアータイト社から発売している発泡ウレタンのエアータイトフォームは缶の長さが30センチほどのLサイズ750ml缶、缶の長さが20センチほどのMサイズ500ml缶がメイン商品です。エアータイトフォームの場合は市販品とは異なりますので、ノズルタイプでもガンタイプでも両用として初心者からプロまで便利に使えるようになっています。

なお、日本でのエアゾール製品は高圧ガスの規制上、1000グラム未満、即ち、750ミリリットル前後の缶サイズが最も大きなサイズの製品となります。発泡ウレタンスプレー製品はエアゾール缶になっていますが、市販されている多くの商品は300から500ミリリットル缶です。エアータイトフォームの発泡ウレタンでLサイズの商品は750ミリリットル缶仕様なので、もちろん、市販品よりも1缶あたりの使用量が多く、沢山使えるのでコストとのバランスがよく、業務用としてもお勧めの仕様です。

もちろん、業務用の市販品でも750ミリリットル缶のものも一部で販売されていますが、製造メーカーの処方の違いで、アジア製のものなどは内容量は750ミリリットル缶でも、実際に缶の中に入っているウレタン原料の充填率は各社が異なり、中には、缶は大きくてもウレタン原料が少ししか収容されていないというメーカー品も存在します。このため、外見上は同じような750ミリリットル缶サイズでも、使用量が多いもの、使用量が少ないもの、が存在します。

仕様は、缶サイズだけでなく、1缶あたりの発泡量や使用量の情報を知っておくことが、コスト比較を知るうえでは重要な知識となります。発泡ウレタンスプレーは発泡するものですので外観での1本いくらでは比較ができません。実際、当社のエアータイトフォームをご購入いただいているお客様の声では、工具サイトなどで価格が安いだけの使い捨ての市販品を使ってみたが、エアータイトフォームのLサイズなら1缶でも他社品の数本分ほど施工量になるため、経済的だという評価も頂いています。

しかしながら半面、Lサイズの缶は増量仕様なのでコスト的にはお得と言えますが、必然的に缶のサイズは大きくなっております。缶の長さは30センチくらいのロング缶ですので、お客様が狭いところで作業する場合には、缶の長さが邪魔になることもあり得ます。こういった場合にはコンパクトなエアータイトフォームのMサイズ缶がお勧めです。エアータイトのMサイズは500ミリリットル缶仕様なので、Lサイズよりも小さく、実際にこの製品を使ってみるとご納得いただけると思いますが、Lサイズよりも作業ハンドリング性が抜群に良いので、施工面で気に入っていただけるユーザー様も多くいます。もちろん、Lサイズでは大きすぎるという場合や、少量しか使わないというような場面でもエアータイトのMサイズはお勧めできる定番の発泡ウレタンとも言えます。

さらに、市販品のMサイズ缶はどれも使い捨てのノズルタイプですが、エアータイトのMサイズは、唯一、専用吐出ガンでも使えるMサイズ缶です。Lサイズと同様に専用の吐出ガンをつないで発泡施工ができます。市販流通品のMサイズはストローでしか使用できないので使いにくいことも多いですが、こういったエアータイトの技術も本物志向ユーザーが選ぶ魅力の一つとなっています。

エアータイト社がオプション品として販売提供している専用吐出ガンは、お客様の用途に合わせ、数種類の中から最適なモデルをお選びいただけます。なお、どのエアータイト専用吐出ガンでも、どのエアータイトフォームでも同じようにガンタイプとしても組み合わせて使用できます。全品共通です。専用吐出ガンの基本的な構造は、引き金を引いたら泡が出る、引き金を離すと吐出が停止するというものです。種類の違いは、バレル部の長さ、形状、重さなどが異なります。基本構造は同じですが、作業性、使い勝手はそれぞれ若干異なります。

専用吐出ガンをお使いいただくお客様は、お客様の用途や施工箇所で使いやすいものを選んでご利用ください。もちろん、専用吐出ガンを持っていなくてもエアータイトフォームは付属のノズルで使用できますが、専用吐出ガンを接続して使うと、小分け的な使用ができること、フォームの断続吐出ができるようになるため、発泡ウレタンスプレー缶のスタンダートとして大変おすすめです。

発泡ウレタンの検討はできあがった発泡体の基本物性だけではなく、缶の仕様やノズルの形状や専用吐出ガンの形状を把握しておくことも大切なことです。



エアータイトの発泡ウレタン商品で気になるところはどんなことでも聞いてください。エアータイトフォームには標準ノズルの他に、延長ノズル、ロングガン、極細ノズルなど、従来の発泡ウレタンスプレーでは施工難易度が高いような部位でも、お客様の発泡作業を最適化できるので、いままで不可能だった施工でも対応できることがあります。

エアータイトフォームの資料、お客様側でのパンフレット作成など、エアータイトフォームの外観画像や仕様の確認を必要とされるお客様は気兼ねなく当社までご相談ください。ホームページや弊社発行資料に掲載されていない部位の仕様確認、お知りになりたい必要箇所の画像などもメールでお送りさせていただいております。

もちろん、硬化プロセスを知ること、固まった後の基本物性も大事ですが、製品外観やノズル形状の仕様がお客様の用途に適さないこともありますので、ご購入採用の検討の際、ホームページには載っていないような部分の形状確認も電話で直接お問い合わせください。

株式会社エアータイトでは千葉店舗事務所へのご来店で、エアータイトフォームを無料体験で使用したり、実際にフォームを出しながら解説や試していただくことも可能です。お客様との共同実験開発、機器への簡易施工の受付も行っています。ご相談内容は別途にお問い合わせください。また、商品の販売は、地方発送を喜んで承ります。もちろん、営業日には全品1本から全国配送をデイリーに受付しております。

まずは、ホームページをご覧いただき、この缶は結構大きい商品なんだ、この付属のストローノズルではちょっと太すぎるかな、この専用吐出ガンの形状なら作業が楽になりそうだ、などと使い易さの違いを少しでも感じ取っていただけければ幸いです。


Lサイズの缶高さは
約300ミリ

Mサイズの缶高さは
約200ミリ

Lサイズ、Mサイズの缶直径は
約66ミリ

ストローノズルの外径は
約8ミリ

楕円ノズルの外径は
約10×4ミリ

ストローノズル、楕円ノズルの
長さは約180ミリ

LサイズにATF009装着で
高さは約450ミリ

MサイズにATF009装着で
高さは約350ミリ

ATF009のバレル部は
長さが約160ミリ

ATF008Aのバレル部の
長さは約580ミリ

ATF007のバレル部の
長さは約185ミリ

ATF010のバレル部の
長さは約10ミリ

ATF007の先端部分の
外径は約4ミリ

極細ノズルの先端部の
外径は約1.67ミリ

テーパーチップの先端部の
外径は約3ミリ

ATF009の先端部分の
外径は約5ミリ

ATF009のグリップ部の
高さは約150ミリ

クリーナーの
LサイズとMサイズ

クリーナーの噴霧ノズルの
先端外径は約4ミリ

ATF002、ATF502の色は
グレー色

ATF004、ATF504の色は
ライトピンク